ムジくら-MUJIと手帳と暮らしとまいにち。

無印良品、手帳、ゲーム、家計、日々の暮らしを綴っています。

わたしの手帳の使い方

 

f:id:negitoro824:20200107073207p:plain


今回は、ひきこもりぐうたらアラフォー専業主婦の手帳の使い方を紹介してみたいとおもいます(*´ω`*)♪

 

 

というわけで、 

こんにちは!ねぎとろです( ´ ▽ ` )ノ

 

え?仕事してない、友達も子供もいないひきもりアラフォー専業主婦に手帳なんて必要なの…?と疑問に思う方もいらっしゃるかとおもいます。

ごもっともデス(;^ω^)…

 

そんなわたしでもほぼ日手帳を使い始めて今年で6年目に突入です!

その、謎に包まれし手帳の使い方をまとめてみましたので、興味のある方はお時間のあるときにでもぜひ見ていってくださいねー。

( ´ ▽ ` )ノ

 

目次です(/・ω・)/⌒★

 

主婦の手帳の使い方。

 

さて。早速本題に入りますが、わたしの使い方です。

 

結論から言うと、

  1. ライフログ。日々の忘れたくない思い出を記録する。
  2. メモ。買い物メモや、その日することをリスト化する。
  3. 家計簿。買った物、クレジットカードなどお金の記録。

現在は、この目的で手帳を使っています。

(謎でもなんでもない)

 

余談ですが…手帳とは別に、

  • 暮らしのノート
  • お部屋改造計画ノート
  • ブログ運営記録ノート

なんかがありますが、それはまた別の機会にお話ししよかな?(*´ω`*)

 

お気に入りの手帳、書き方が決まるまで

 
f:id:negitoro824:20200107143813j:image

ほぼ日手帳を初めて買った1年目は、書いた日記をインスタにアップする…ということをしていました。(上の写真は2016年のほぼ日手帳のとある1日)

そうすることで、綺麗に書こう!とか可愛くしよう!と、続けるためのモチベーションUPになるかな?とおもって約1年ほど続けていました。

それはそれで楽しかったし、実際続いていました。

 

でもだんだん「自分の書きたいこととなんか違うなー」ということに気づいて、2年めからはネットにアップするのはやめてしまいました…。

その理由は、ネットに上げることを意識してしまうと必然的に素直に書けないことが出てくるからです。

やはり人間どこかで「よく見せよう」とか、「変なことは書けない」という意識が働いてしまいます。

(当時、主人がうつ病になったり…いろいろどん底生活だったのもあって…(´;ω;`))

結果、見栄を張っているわけではないんですけど…、当たり障りのない範囲のことしか書けなくなってしまって。わたしが残しておきたい日常とはちがっていました。

つらいこと、嫌なことや恥ずかしいこと全部、ありのままの自分の毎日を残したかったから。 

あとはフォロワー数が増えていくことにより、変なコメントとか批判されるんじゃないかとか、もし炎上しちゃったらどうしよう…とか恐怖みたいなのもあったかも。

(ちなみにこのブログでは、その「恥ずかしいこととかもどんどん書いて行っちゃおう!」という覚悟の元で運営を始めたので、そのあたりは大丈夫ですw) 

 

そんな感じで最初の1~2年はどうやって使うか自分なりに悩んで、イラスト描いてみたり使う文具とかマステ・ハンコ・シールなんかもいろいろ試したし、ほぼ日手帳もカズンやweeksも試してみたり。

他の手帳も使ってみたけど使いこなせなかったり合わないものもあったりで、いろいろと失敗もしましたが。 

試行錯誤しました。だいたいのことは試しました。

絵を描くことが好きなのでお絵描きして色塗って日記を書く、1日1絵みたいのもやってみかったのですが、今の生活ではそれをやっている時間は取れないですね…(泣)

学生時代にほぼ日手帳に出会いたかった…(´;ω;`)

 

あとはセブンでスマホ写真をプリントして貼ってみたりとかねー。

(´-`).。oO 

 

でもやっぱりわたしにはめんどくさいことは続かなかったです。

 

 

「人生は1冊のノートにまとめなさい」


f:id:negitoro824:20200108062651j:image

そして当時、手帳術…みたいな本を片っ端から図書館で借りて読んでみたんですが、中でもこの本が気に入って、手元に残しておきたかったので購入しました。

たまに読み返すと新たな気付きとか、忘れていることもあったりするので。…現在は1冊にまとめきれてないですけどw

 

ノートに自分のライフログを残すことのメリット、上手なノートのまとめ方、おすすめノート・文具からカメラグッズまで幅広く紹介されていて、とても勉強になりました! 

実践していくうちにだんだん「自分の書きたいこと」「その書きたい量に収まる手帳サイズ・形式」「続けられる手帳・ノート・ペン」が定まってきました。 

何より、ライフログを残すことの楽しさを実感できたので、ここまで続けることができたんだろうなぁとおもいます。

 

基本、自分には「能率手帳」と「ほぼ日手帳」があれば大丈夫だとわかったので、あとは毎年気分に合わせてちょっとした変化を楽しんだり、臨機応変に手帳を選んでいます。

 

2020年はこの手帳たち。 

ライフログーほぼ日手帳オリジナル 


f:id:negitoro824:20200107134021j:image

「ライフログ」普通の、いわゆる日記です。

その日あったこと、印象的なことがあればそれをメインにしますが、特になにもない日でも、その日の天気や体調、食べたものの感想を書くだけでもあとで読み返すと楽しいものです。あとゲーム日記とかw

去年はカズンを使っていましたが、今年は久しぶりにオリジナルサイズに戻しました。

今年は手帳にかける時間を少し減らして、その分ブログや、ウォーキングなどに時間を使いたいからです。

(実際にウォーキングするかどうかは別としてw)

年間とか月間のページは今年はどうやって使おうかまだ決めてなかったり…。以前は、歩数の記録とか、インスタのフォロワー数の記録とかwゲーム発売日とかのプレイ記録とか書いていた時期もありました。

今年は…ブログに関することとか…更新頻度とかPV数の記録とかでもいいかなw

数値を記録するのは結構たのしいのでおすすめです。 

 

▼ほぼ日手帳が好きな理由はこちら( ´ ▽ ` )

www.mujikura.com

 

 

TODOリスト・献立表ー能率手帳 


f:id:negitoro824:20200107134042j:image

能率手帳は、左側にその日やることのリストや、天気・気温・湿度・体重・体調などを書いてます。最近サボり気味ですが、前は基礎体温とか歩数も記録してました。

 

「その日やること」とは主に家事で、洗濯・掃除・ゴミ捨てなどの日常的なことです。 

規則正しくキッチリ生活できる人にとってはいちいち書くことではないのかもしれませんが、わたしのようなぐうたらな怠け者にとってはすぐ忘れてしまうようなこと、

「前、布団干したのいつだっけ」「こたつのカバーや洗面所のマットいつ洗濯したかな…?」

など、何をいつやったかを見える化することによって

「やべ、忘れてた。そろそろやらなきゃじゃん!」

という気づきと、次の行動につながる道しるべとなるのです。非常に便利。

 

これが何年分もたまってくると、「去年いつ衣替えしたっけ…」とか「エアコン掃除したのいつだったかな」とか「扇風機だしたのいつ頃だろう」というのも、すぐにふり返れる楽しさがあるんですよねー。

 

そして右側にはその日の晩ごはんのメニュー、いわゆる献立表と買い物メモ。これを持って買い物に行きます。

メニューは買い物に行く前にだいたい決めてから行くのですが、特売があったりして急遽変更するときがあるので、無印の消せるボールペンで書いています。

あと、朝いつもラジオを聞きながら手帳タイムしてるんですが、ラジオで流れていた有益な健康情報をフセンに書いて貼ったりメモったりとかも。

ちなみに月間予定表のところは、最初のうちは何か書いたりしてますがだんだん書くのを忘れてしまうので無理に使わなくてもいいかなー、とおもいます。


f:id:negitoro824:20200108143520j:image

 

この、献立表は最初の頃は、ほぼ日の緑のバーチカルのノート?スケジュール帳?(正式名称なんだっけ…)を使っていたのですが、図書館で「能率手帳の流儀という本を読んだら能率手帳を使いたくなって、翌年試してみたら使いやすくてとても気に入ったので、そこからずっと能率さんになりました。(16と17が逆だなーと、いま気づいたけどキニシナイ)  

能率手帳は5年目。能率手帳もとてもすき。

ちなみに16~18は小型版で、19から普通のサイズです。最初の頃はTODOリストと献立表は別に書いてたのですが、いつの間にやら全部能率手帳にまとめるようになりました。

 

▼これです。このほぼ日の緑の。これも紙がトモエリバーで、薄くて無駄がなくてすごく好きなサイズ感なのですが、今の所は使いみちがないので最近は買ってないのです…使いみちがあれば使いたいやつです。
f:id:negitoro824:20200108111835j:image

 

ほぼ日手帳のガイドブックもそうですけど、作っていらっしゃる方のこだわりのポイントとか、どんな工程でどんな想いで作られているのか…そういったことに触れると、なおさらその手帳への愛情が増しますよね。

そういうのを知ることも好きです。手帳のガイドブックもおすすめです。

 

家計簿ー無印良品の手帳 

 

そして無印の手帳も前から試してみたいとおもっていて、今年ついに買ってみました!

基本、家計簿はバーチカルタイプの手帳に書くのがすきなので、バーチカルタイプならわりとなんでもいい感じ。去年はカズンのバーチカルページに書いていました。

買い物から帰ったらすぐ、財布からレシートを全部出して書いてしまいます。

f:id:negitoro824:20200107064157j:plain

買った場所と金額。買ったものの細かい金額。カテゴリー分けした合計。その日使った合計。

最後に、1週間の合計を出します。そしてさらに巻末のメモページに1ヶ月の支出合計などを書いていきます。 

カテゴリー分けにはフリクションスタンプを使っていて、食費・日用品・外食・コーヒー・特別費…など決めてあるスタンプで分けています。スタンプがだいぶ薄くなってるのでそろそろ買い替えたい。

フリクションは裏抜けしないので優秀( ´ ▽ ` ) 


f:id:negitoro824:20200108105824j:image

月間ページにはクレジットカードやd払いで支払ったものの場所と金額。

わたしは現在クレカはdカードのみ使用しています。実はクレカを使うようになったのはわりと最近で、それまでは現金しか使っていませんでした。

わたしみたいな性格の人間がクレカ使ったら怖いしwずっと避けておりましたw

((((;゚Д゚))))アワワ

でも家計簿をしっかりつけるようになってから家計管理ができるようになってきたし、使い方をしっかり気をつければ大丈夫そう!ポイントも貯まるし!と多少の自信がついてきたので、クレカやd払いを使い始めた感じです。還元のやつも始まったことだしw

大人になった!ヾ(*´∀`*)ノ笑

 

基本、ザックリ家計簿なので、使ったお金をしっかり書いておくだけで実際手元にあるお金と数を合わせるとかはしません。ちょっとくらいの誤差はキニシナイ方式。

そこまでキッチリしようとするとめんどくさくなって続きませんから。( ー`дー´)キリッ

 

家計簿に関してもいろいろ勉強になった本があるので後日、記事にしていきたいですねー。 

 

手帳を使うようになっての変化。

 

f:id:negitoro824:20200107145235j:plain

というわけで、このようにわたしは手帳を使い始めてからそれまでよりかなり時間やお金を上手に使えるようになったし、「見える化」することの大切さを実感しています。

 

今までの人生、時間の使い方やお金の使い方が本当に下手で適当にぐだぐだしていたので、気づいた時には20代30代があっという間に終わってしまっていて、激しく後悔していますw

うえぇぇ(´;ω;`)あっという間に人生終わっちゃうよーー

さすがにやばい!と、そこから手帳や家計簿など始めてようやくしっかり管理ができるようになったので…。遅すぎですけど、気づけないでずっとぐだぐだの人生よりは、気づいて本当によかった。

 

残りの人生、1日1日を大切に手帳に刻みながら生きたいとおもっています。

(´・ω・`)

 

というわけで、…手帳の紹介というよりはわたしのぐうたら人生の紹介になってしまったような気もしますがw気づかないフリをしつつ、このへんで終わりにしたいとおもいます。

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました!!m(_ _)m