ムジくら-MUJIと手帳と暮らしとまいにち。

無印良品、手帳、ゲーム、家計、日々の暮らしを綴っています。

【読書記録】岩田さんのこと。

 

f:id:negitoro824:20200128092518p:plain

沢山の人に読んでほしい、任天堂の前社長 岩田聡さんの本です。

 

こんにちは!ねぎとろです( ´ ▽ ` )ノ

 

今回は読書の記録です( ˘ω˘)

 

目次です(/・ω・)/⌒★

 

予約して購入

 

f:id:negitoro824:20200131055455j:plain

ほぼ日ストアで2019年7月11日に予約開始されたこの本、その日に即予約して買いました。

我が家に届いたのは2019年7月24日でした。

 

2015年7月11日

 

7月11日は岩田さんの命日であります。

 

忘れもしません。2015年の、7月13日に岩田さんがなくなったというニュースを、ウチのぱんださんがガン検診をしているのを待っている病院の待合室で見たのを今でも鮮明に覚えています。

この年は、同じ時期にガンで手術したり、亡くなった有名人(わたしの知っている方)が多かった気がします。川島なお美さんや北斗晶さん…うちの父もガンで手術したのもこの年でした。

この年はわたしにとって、ガンや病気のことで命について本気でいろいろ考えたりたくさん悩んだり落ち込んだり泣いたりした年でした。

山内さんが亡くなったときも相当悲しかったのですが、岩田さんのときは本当に半年~1年近くずっとぐじぐじ落ち込んでいましたね。。 

 

 

いわっち

 

わたしは岩田さんとはお会いしたこともない、お会いできるような身分でもないただの一般以下の愚民なのですが、多分ニンテンドーDS、Wiiのあたりからカンファレンスの映像や、ニンテンドーダイレクトなどの動画、社長が訊く、ほぼ日の糸井さんとの対談のような記事などでずっと拝見していて、大変親しみを持っていましたし尊敬していますし、「いわっち」と友達のように呼んでいました。

(恐れ多くて申し訳ございません…)

 

実際3DSのトモダチコレクションで、トモダチのいないわたしはいわっちや宮本さんや山内さんのMiiを使わせていただいてトモダチ感覚で遊んでいましたw(恐れ多くて本当に以下略)

 

その頃のゲームのスクショを探してみたのですがちょっとすぐには見つからなかったので、また見つけたら後日こっそり貼り付けておきますね…!

 

 

任天堂とともに

 

わたしは小学生のころから任天堂のゲームで遊んで育ってきました。

 

その当時はもちろんこどもでしたし、インターネットなんていう便利なものもございませんから、ゲーム業界の詳しいことなんかは全くしらないけど、街の小さなおもちゃ屋さんへ(当時はゲームショップなんかもなかったよ)雪の降る日にお年玉を握りしめてゲームソフトを買いに行ったりしていました。雪の日に買ったのはハットリくん。

ちょっとこわそうなお店のおじさんが見張ってるレジの横にあるウィンドウの中に並べられたソフトたち。あの頃はどんなゲームか知らずにパッケージの絵とかで選んでました。おにゃんこタウンとかw

今ではそういった街の小さなおもちゃ屋さんはなくなってしまいましたね…

 

ファミコンではじめてやったゲームはいとこのお兄ちゃんの家にあった元祖マリオブラザーズ。その後、自分用に初めて買ってもらったソフトはピンボールでした。(その前にゲームウォッチもやってたし、オレンジ色のブロック崩しのやつもやってたよ)

マリオ、ゼルダ、マッピー、ゼビウス、ゴエモン、ドラクエ、FFなど…やったゲームをすべて書いたらものすごいことになりそうなので割愛しますがw

(中山美穂のときめきハイスクールも持ってましたwみぽりんに電話したしw)

 

中学生の頃にはスーパーファミコンを買い、専門学生時代はゲームセンで格ゲーや音ゲーにハマりつつゲームボーイで遊んだりしていました。

 

そして社会人になって少しゲームから離れた時代もあったのですが(据え置きゲームをやる時間がなくなった)携帯ゲーム機ではちょこちょこあそんでいました。ワンダースワンやゲームボーイアドバンスなどです。

ワンダースワンは、当時聴いていた伊集院光さんの深夜のラジオでめっちゃワンダースワンの話をしていて欲しくなって買いましたが、あとになって横井軍平さんが作ったものだと知って、あぁ。なるほどな。と思いました。

 

で、任天堂DSやWiiでまたゲームに戻ってきて今に至るわけです。

 

 

過去を知る

 

大人になってインターネットが普及して、調べてみると、当時そういったゲームを作った人たちのことを知ることができました。すごい時代ですよね。

動画で山内さんがインタビューに答えているやつとか、山内さんや横井さんの特集番組とか見ましたし、本もいろいろ読みました。


f:id:negitoro824:20200131073937j:image

上にある本以外にも図書館でゲームに関する本を見つけたら読んでいました。

 

とにかく、山内さん、横井さん、岩田さん、宮本さん。この方たちのおかげでわたしはゲームを楽しむことができたんだなぁということを知って、ほんとうに感謝しているし、これからもずっと命が尽きる日まで応援し続けたいとおもっています。

 

 

「岩田さん」

 

f:id:negitoro824:20200131055534j:plain

この本を読んだ人たちの感想とかレビューを読んでいるだけでもハッピーになれる。

 

ゲームファンだけでなく、会社経営や働く人たちにも勉強になると言う感想がたくさんありますね。 

わたしは働いていないのでビジネス的な観点からの感想は言えないし語彙力もないので、なんか心に響くような良いことを言ったりはできませんが、岩田さんの人柄や頭の良さは本当にすばらしいです

 

この本をよんだ人たちの感想とか、レビューとかブログも必見です。

note.com

 

わたしはゲームファンなので、ただ単に、岩田さんが今まで山内さんや宮本さんたちとどんな想いでゲームを作っていたのか。横井さんの意志は引き継がれているのか。これからSwitchやその後、どんなことをやっていきたかったのか、やるつもりだったのか。純粋にそれが知りたかったのです。

ルイージマンション3にも3Dは仕込まれているのか?とかねw

 

ちょっとでもいいから、なにかヒントでもいいから。

 

それまでは、任天堂公式サイトの「社長が訊く」のコーナーや糸井さんのサイトの対談で、いろいろなゲーム機やソフト開発に秘められた想いやおもしろいお話を聞かせて下さっていました。

でも、Switchの、またそれ以降のゲーム機ではそういった貴重なお話を聞く機会がなくなってしまうことが本当にさみしいし悲しい。

もっと知りたかったなぁという気持ちでいっぱいでした。

 

岩田さんが亡くなった後は、きっと糸井さんが何か本を作ってくれるだろうとずっとまっていたんです。

 

「岩田さん」の本に書かれていたことはだいたい過去にすでに読んだことのある内容でしたが、今あらためて読むとまたこころがムズムズしてくる感じがします。

涙がボロボロと出ます。

第6章の、宮本さんと糸井さんの岩田さんを語るところが、わたしが特に読みたいとおもっていたものでした。

あと1番最後の、奥様が撮った?岩田さんの写真はもう…なんとも言えない気持ちです。今この文章を書きながら思い出しただけで涙がでてきます。

岩田さんに、いま、Switchがこんなに売れていますよ…!世の中のたくさんの人々がSwitchのゲームでハッピーになっていますよ…!ということをお伝えしたいです。 

(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)

 

この本は何度も読み返してずっとずっと大切にしたい本です

 

今後も岩田さんと一緒にお仕事をしていた人たちが、なにか知っていることをぽろりと教えてくださることを、ちょっと期待しています。

宮本さんは自伝とかそーゆーの書いてくれなそうだけどなぁ…なんとなくw

でもいつか時がたって山内さん横井さん、岩田さんとのお話をしてくれるときがきたらいいなぁと思っています。糸井さんと対談とか、そーゆーのも。

 

 

語り継ぎたい歴史

 

わたしに子供がいれば、こういった話を教えてあげたいところなのですが…それは叶わないことなので、せめてこのブログにたどり着いた若い世代の方々にも、「こうやって作ってきてくれた人たちのおかげで今のゲームたちがあるんだよ」と本当のことを知ってほしいとおもっています。

いまやスマホでもゲームが無料でできるが故、ゲームの価値、本当の面白さを知らない世代がいたり、任天堂をしれっとパクって似たような商品を売ったり、わざと任天堂を悪く言って陥れようとする悪い輩もネット上にはたくさんいます。

何が本当で何が嘘なのか見分ける力とか、読解力のない子も多いと聞きます。

 

本当のことを知っている方々に、本当のことを正しく後世に伝えていってもらえたらいいな…と切に願っております。

 

 

ほぼ日イトイ新聞

 

岩田さん関連の記事をまとめておきます。

 

たまに読み返したくなる記事です。 

 

www.1101.com

 

www.1101.com

 


www.1101.com 

 

www.1101.com

 
www.1101.com

 

岩田さんや宮本さん、山内さん、横井さんの名前が出てくると興味津々で食いつきます(笑)

本当にこういったお話は興味深くておもしろいです!

もっともっと任天堂のことが知りたい!昔のことも、これから先も。 

 

ハッ…!これってもしや……、恋……? !

 

 

ちなみに… 

 

岩田さんの本のことはいつかずっと書きたいとおもっていたので、今回ようやくブログを立ち上げこうして書ける場ができて、嬉しいです。感無量です。読んでもらえるかどうかは別として。書ききった達成感。

 

最後まで読んで下さって本当にありがとうございました!!

m(_ _)m

 

www.1101.com

任天堂が好きな方もそうでない方にでも、勉強になる話が沢山あると思います。 

ぜひ1度、読んでみて欲しい本です。立ち読みできるページもありますのでぜひ…!!